エコツアー・ドット・ジェイピー


葦(あし)だけで船体をつくった古代船「葦船」。かつて南米、エジプト、シュメール、ポリネシアなどで利用され、海に生きる人々がいろいろな大陸と交流するために使っていたとも考えられています。

そんな葦船を現代によみがえらせ、太平洋横断に挑戦するのが「葦船大作戦」です。その足がかりとして、高知県・足摺岬から伊豆諸島をめざす第一次航海の準備が、ただいま進行中。

エコツアー・ドット・ジェイピーでは、そんなロマンあふれる企画をリアルタイムでご紹介していきます。出航予定日は5月8日。毎日がチャレンジの繰り返しで、とにかく目が離せません!

誰が行くの?
葦船大作戦を主催しているのは、葦とのふれあいを通じて自然の大切さを伝える団体「葦の径(カムナ葦船プロジェクト)」。
冒険家の石川仁さんをキャプテンに、総勢8名が乗り込みます。
スケジュール
2月上旬〜
3月上旬
葦を束ねる作業、船台作り
3月上旬〜
3月下旬
船体作り
3月下旬〜
4月下旬
船体作り、マスト、小屋、船上設備の取り付け
4月29日 進水式(予定)
5月7日まで 舵の取り付け、食料の詰め込み
2005年5月8日 出航
葦船大作戦のサイト
葦船大作戦では、ボランティアやスポンサーを募集中です。
http://ashibune.com/
葦船大作戦・現場リポート
古い日付順で表示する
残念! 伴走船の座礁で航海を断念
2005年5月18日
高知新聞によると18日、伴走船が座礁したため、静岡県沖で葦船は航海を断念しました。ゴールまであと一歩というところだっただけに、本当に残念。次のチャレンジを期待し、応援しましょう!
 
http://www.kochinews.co.jp/0505/050519headline01.htm
高知新聞

神津島に葦船接近中!
2005年5月16日
朝日新聞によると5月16日、葦船は伊豆七島のひとつ神津島に接近。ゴールまであとわずかです!
 
http://www.asahi.com/national/update/0516/TKY200505160292.html
朝日新聞

ついに出航!
2005年5月8日
ついに、この日が来ました。 葦船「カムナ号」が約300人の市民の方の拍手と声援に見送られ、土佐清水市・清水漁港を無事出航したのです。
 
実は、葦船での外洋航海は国内では初めて。カムナ号は黒潮に乗り、約2週間かけて1000キロ先の伊豆諸島を目指します。
 
隊長の石川仁さんをはじめ8人の乗組員全員が、元気で航海を終えられることをお祈りいたします!
 
エコツアー・ドット・ジェイピー 編集部

イグサに包まれた小屋
2005年5月2日
昨日の雨で中断してた現場作業が再開しました。進水から1週間、ボランティアスタッフ達も海に浮いた葦船での作業に慣れて、うまく作業分担して、マストを引くロープ、滑車のロープ取り付け、小屋の壁、セイフティネットなどができてきて、また一歩船に近づいてきました。

祝賀会
2005年5月1日
あいにくの雨天で、期待されてたもち投げが中止になりましたが、3時からは葦船の直ぐ近くの越漁民研修センターにて葦船進水祝賀会を開いていただきました。
1月末に葦刈りに行き、2月に入って、ここ土佐清水で船台作りを始めた頃から進水までの造船現場の写真を大型スクリーンで紹介させていただきました。
今振り返って改めて、土佐清水の皆さんの協力のおかげだと、しみじみ感じました。土佐清水葦船実行委員会のみなさんから、「フラフ(旗)」を贈呈していただきました。心強いお守りとさせていただきます。
ありがとうございました。

進水式
2005年4月26日
いよいよ進水式がやってきました。朝に神事が行われ、その後、2台のクレーンで船体吊り上げ作業に入りました。海側の丸太は取り払い、船台の丸太の下にH鋼をかまして2点吊りで見事に葦船が空中に浮きました。
 
海の脇に一度、葦船を下ろしクレーンの位置を移動して、再度吊り上げたときに舵をうまく舵筒に差込み、午後1時過ぎに見事に進水することができました。応援に駆けつけてくださったみなさんありがとうございました。
 
午後3時過ぎからは、小屋とマストを船体にのせる作業にかかりました。小屋を積んだ後、マストが組まれ船体に縛られたマスト台に見事にはめ込まれました。船台の横棒がなくなったのを見て、2月始めに土佐清水にやってきて船台作りを始めた頃の様子が甦ってきました。早いものでもう3カ月が経とうとしています。なんとか進水まで来れたのも土佐清水のみなさんの協力のおかげです。

竹の甲板
2005年4月24日
朝は舵を入れる筒の傾きを滑車を使ってうまく修正することができました。 午後には竹のデッキを船にのせ、両脇を波よけのラインに合わせて竹を切り、マストの前後のデッキ部分が完成しました。デッキの下は、主に食料を収納するスペースになります。小屋をのせる土台も船体に縛り終わりました。 舵も棟梁のお宅できれいに仕上げられ、お清めされました。

小屋作り
2005年4月16日
船体に小屋とマストの土台を取り付け始め、同時に小屋の組立てに着工しました。

寄り切って締め込み
2005年4月15日
造船現場の向こう岸で作業中の天將土木(建築業者)さんにご協力いただき、船体をクレーンで少し引き上げました。
船体の左右がいくらか寄ったようで、さらなる締め込みができました。船台作りで活躍してくれたケンちゃんは朝から締め込みに参加。
すると、次から次へと助っ人たちが忙しい時間の合間に駆けつけてくれて、綱引き(締め込み)はどんどん加速! 船首を残してぎっちり締め込むことがでました。
明日はいよいよ、小屋の組立てにかかります。

波よけが付いた!
2005年4月14日
快晴のもと、前日作った波よけ用の太いチョリソを船体にのせて、いよいよ取り付けが始まりました。
船体に巻いたロープを縫うように、波よけも螺旋巻きして船体に取り付けます。午前中に片側を付けて、午後にはもう片側も取り付けることができました。
同時進行の小屋作りも材の加工が終わり、組立てを待つ状態となりました。

波よけのチョリソづくり
2005年4月13日
これまでは大まかな船のかたちをつくってきましたが、これからはパーツをつくりはじめます。
今日も残りわずかになった葦でチョリソを2本作りました。このチョリソは波よけに使われます。
波よけは葦舟の上唇みたいに見えるところに位置します。今までのチョリソより長く、太くしました。
細いチョリソはまたがってもちあげながら、一人で縛れたけど、この太いチョリソは重く大きいので、一人が束を抑えながら、二人で縛りました。2本のチョリソを作り終えたあと、雨にぬれないように、チョリソにブルーシートをかぶせました。

マスト登場!
2005年4月11日
マストはきれいに8角に面取りされ、マスト台の穴もきれいに開きました。

人力で引き締める!
2005年4月9日
今日は新月、いよいよ船体の螺旋巻きを締めにかかる日がきました。船体の左右両側で滑車を使い、人力を4倍にしてひと巻きずつ締めていきます。
朝から絶好の綱引き日和で、汗ばみながらの作業でした。昼食はバーベキューで燃料補給。午後からも締め続け、作業終了時にはみんなクタクタでした。
天気が許せば明日もよろしく。ちなみに、トラックで引っ張ってるわけではなく杭の代わりに使ってます。トラックではスリップしてしまうくらいの力で引っ張ってます。

そしてまたまた螺旋巻き
2005年4月5日
今日は朝からお天気もよかったので、昨日に引き続きの螺旋巻きです。
高知からファミリーでお手伝いに駆けつけてくださり、パワーも増大。みんなで左と右に分かれてぐるりぐるりとロープを巻きつけていき、船の前側部分までは、ほぼ螺旋巻きが完成。
残るは船の後ろ側部分、今度の晴れた日に巻いていきます。その次はいよいよ船体の絞り込み。
螺旋巻きしたロープをみんなの力を合わせてぎゅーーーっと締め上げています!葦の束から葦船へと形をかえていく瞬間です!

コラソンこめて螺旋巻き開始
2005年4月3日
昨日は仮結びをしただけで、雨が降ってきましたが、今日は天候にも恵まれ、養老小学校の桜も一気に開花しました。
多くの方が駆けつけてくれて、いよいよコラソン*をのせて、ロープの螺旋巻きに入ることができました。両側からそれぞれコラソンをかまして船体にロープを螺旋に巻いていきます。
夕方には船体の真ん中部分を巻き終えました。今週中に残りを巻いて、週末には皆さんのお力をお借りして、両側から同時に綱引きをして、螺旋巻きロープをぎっちりと締める予定です。
 
*コラソン(corazon)とは、英語のheart にあたる「心」「心臓」という意味。葦船の前から後ろに通り左右の真ん中に入る船の中心棒になるチョリソのことを指します。

最年少葦船職人、伊豆葦船職人現る!
2005年3月30日
チョリソ作りも今日明日で完成。いよいよ船体巻きが始まります。
今日は2人の葦船職人が参上。料理上手ひろみちゃんは伊豆出身。
もう一人は、最年少なんと5歳の葦船職人しんちゃん。手つき顔つきはおじいちゃん(棟梁)譲りか、動きがなかなかシャープ。今日で残すチョリソはあと5本。
 
それと、イースター島文化大使テバ・テアオさんがイースター島から今日成田空港に到着。明日には土佐清水にこられるそうです。彼とは共に葦船で太平洋大西洋の航海を重ねているエキスパート。航海に参加するのはもちろん、イースター島と日本の文化交流を目的としての来日。
またひとつ、イースター島の謎がここ土佐清水で解き明かされることでしょう。

チョリソ生産最高記録更新!
2005年3月19日
朝から気持ちのいい天気で、多くの方が駆けつけてくれたおかげで、今日は記念すべきチョリソ作りの記録更新の日となりました。
午前中は、チョリソ部隊と船台にコラソン用の枠の取り付け隊に分かれて作業。午後からは午前の遅れを取り戻すべく、記録更新目指して全員で一丸となってチョリソ生産に取り組みました。
先週サッカーチームのみんなが手伝いに来てくれたときに試した2列製法を取り入れ、2本のチョリソを同時進行で作り出すと、一挙に記録に追いつき、最後は20本の大台に乗りました。みなさんお疲れ様でした。
今日は、夕焼けがほんとに綺麗でした。

びわ湖からの葦
2005年3月17日
今朝、びわ湖からおまちかねの400束が到着しました!
強風とどんより雲のお天気の中、滋賀県からのトラック「よしぶえ」号に乗ってやってきた葦達をみんなで迎え、よいせこらせと土佐清水の地に積み降ろしました。新たな仲間達に、みんなもなんだか嬉しそう!
そのあと「あたしもうどこかに飛んでいきたいわ」といわんばかりにバタンバタンとめくれ上がりまくっていた葦船の雨よけシートをも一回結びなおし、今日の現場作業は終了。

檜の皮剥ぎ
2005年3月12日
今日は風が強く、冷やい日でした。
マスト用の檜の皮を剥いで炭付けに備える。
強風の中、チョリソも5本仕上げて、前日の雨で湿った葦束を、広げて、乾かす作業。

チョリソ船台に乗る
2005年3月6日
朝からいつものチョリソ作り。
そして午後からは船台に52本のチョリソを積み上げる作業。
やはり船台に葦が乗ると、船そのものをダイレクトに感じられるからいい。
自然とイメージがあふれ出す。

チョリソ10本
2005年2月23日
チョリソ(葦の束)作り本格的に開始。
今日の目標は10本! 直径30cmの葦10束をつなぎ合わせて20mの長い束にする。
まずは葦を扇型に広げて一束置き、広げてはまた置くの繰り返し。
次の作業はその広げた扇を納豆の束のように丸めて結んでいく。
暖かい南風に初夏ような日差し。Tシャツでも汗が出る。
20mの葦の束は持ち上げると蛇腹のようにクネクネ曲がる。
5時には10本を仕上げる。
空にはトンビが何羽も舞っていた。

あし丸清水号誕生
2005年2月20日
今日ははじめて土佐清水で葦船が誕生した夢のような日だった。
大きさは6m、幅90cm。地元の子どもたちに高知市からの参加を含め、葦船学校がにぎやかに始まった。この葦船学校は、葦船作りを一般の人にわかりやすく伝えるのが目的の一つ。土佐清水の人に限らず「葦船」という単語を聞いて正確にイメージできる人は多くはない。それならば作り方も含め、大作戦の16mの葦船をミニチュアのようにして、見て触って乗れるものを作ってみようと始まった。
休校だった養老小学校に久々に小学生の笑い声があふれては寄せてくる。大人も含め出来上がった葦船にはみんなが代わるがわる港で試乗し、笑顔がこぼれる。また一つ新しい命が土佐清水に生まれた。名前は子供達の命名で、「あし丸清水号」となった。

7mの丸太立つ!
2005年2月14日
バレンタインデーの今日、7mの丸太が立った!
人力で200kgの生木を立てるのは至難の業! どうしようかねぇ、腕組みをしているとひょいと浜田さん*が「なにやっちょうが?」と声をかけてくれた。
まさしくヒーロー現る! カクカクシカジカと説明すると、「そんならクレーンをもっちょうけん、昼からから来ちゃお」と、まさに幸運の女神様がささやいた。
昼の2時から始まりスルスルと天に届くがごとく、8本の丸太がそそり立った。 棟梁の指示のもと筋交いと仮止めして船台作業終了。
浜田さん、みなさまありがとうございました。


*葦船大作戦実行委員会代表の浜田さんのご親戚


人力で埋める
2005年2月11日
本来だったらユンボで溝を埋めるはずが、みんなの勢いでスコップを手にすべて人力で埋めてしまった。 葦船の仲間そして、土佐清水*でできた最初の仲間(19歳)が力を合わせ汗を流す。


*土佐清水:高知県土佐清水市。葦船の建造場所


間伐材で船台作り
2005年2月10日
これまで整えてきた船台の溝に、おとといもらってきた間伐材が立ち上がった。 四万十のトール君*のアイデアで溝の上に丸太を渡し、そこに立てた丸太を番線(針金)で縛るという南米の葦船職人もびっくりの新方式。 おかげであっという間に15本が立ち上がった。


*四万十のトール君:今回の乗組員の1人で、カヌートリップを主催する「四万十塾」の塾長。


四万十で竹取り
2005年2月6日
今日は朝から直径20cm、長さ7mの竹を20本近く切り出し、トラックに積み込むこと3時間半。切り出すのは早かったものの、竹が何度荷台に上げてもスルスルとすべり落ち、みんなで空を仰ぐこと7回。荷台からまとめてドタガシャと落ちること2回。どうにか積み終えたが、トラックの前と後ろに2mずつもはみ出してる。
土佐清水の現場に持って帰り、井桁に組んで明日の葦束到着を待つ。

土台づくりの第一歩
2005年2月5日
今日は、船台のクイを打ち込むための長さ18m幅0.8深さ1mの溝を掘る作業。 最初は小さなユンボ(ショベルカー)で掘り始めたが、コンクリートの硬い岩盤が続き一時中断。新しい方法を考えねばと首をひねっていると、サポーターの方が大型のユンボに変えて再度挑戦してくれた。
これで一本目の溝が見事完成!


Copyright(C) 2005 COOL Inc. All rights reserved .