エコツアー・ドット・ジェイピー
前へ
次へ


BACK NUMBER   この記事は2003年秋に掲載されたものです。最新情報は情報提供元にお問い合わせください。


ピッキオ アニマルウォッチングツアー

巣箱から顔を出すムササビ
ピッキオはムササビの巣箱を10個以上仕掛け、ムササビの生態調査を行っている。
モニターで巣箱の内部をチェック
巣箱にはCCDカメラが取り付けてあり、昼間その巣箱の中でムササビが休んでいるかどうかがわかる。中にいたら、夜その巣箱から出てくるところを観察できる。
野鳥の森で自然巣を観察
国設の軽井沢野鳥の森には木のうろを利用した自然のムササビの巣がある。またリスの巣を見ることもできる。


ムササビウォッチングツアー

木から木へと飛び、空飛ぶリスともいわれるムササビ。ピッキオが行っている生態調査のデータをもとにムササビのくらしを探ります。
夜行性のムササビが休んでいる日中は、森の中を散策し、彼らの食痕を探したり、巣の中に取り付けたカメラで彼らの昼間の生活をのぞいてみます。そして夜になったら、彼らのダイナミックな滑空を観察しに暗い森の中に足を忍ばせます。
またこのツアーではムササビの観察だけでなく、夜の間に森にすむ小さなネズミにトラップを仕掛けて、それを翌日観察したり、リスを探しに早朝の森に出かけたりと、都会ではなかなか出会えない小型のほ乳類のウオッチングにも挑戦します。

■ツアー概要
【開催日】9月27日(土)〜9月28日(日)
【参加費】26,000円(1泊2食、現地交通費)
【定員】15名
【宿泊先】塩壺温泉ホテル

■ツアー行程
【1日目】
ビジターセンター集合(13:00)
アニマルウォッチング講座
ムササビウォッチング
【2日目】
早朝リスウォッチング
解散(11:00)

ムササビの食痕探し
夜中にムササビが食事をした跡がいろいろ見つかる。何を食べていたか考えてみよう。
いよいよムササビ出巣!
巣箱の前で、静かにムササビが出てくるのを待つ。期待通りみんなの頭の上を滑空してくれるか?!
飛んだ!
目を光らせたムササビが勢いよく飛んでいく。うれしくても声を上げるとムササビが驚いてしまうので要注意。
前へ
次へ

Copyright(C) 2003 COOL Inc. All rights reserved .