エコツアー・ドット・ジェイピー
次へ


BACK NUMBER   この記事は2003年夏に掲載されたものです。
なぜNGOで働くの? 地球環境問題に取り組むFoE Japanの素顔に迫る

 FoE Japan(エフオーイー・ジャパン)は、地球規模での環境問題に取り組む、環境NGOである。世界のFriends of the Earth(地球の友)のメンバーとして、日本では1980年から活動を続けてきた。気候変動や森林破壊、途上国の開発援助などの取り組みは、内外でも評価が高い。
 だが日本の一般の人たちには、この FoE Japanをはじめ、NGOの活動に対してなかなか理解が及ばないのが現状だ。海外のNGOではサポーターが充実し、市民が資金援助を行っているが、日本のNGOではサポーターからの支援だけで活動し、事務所を維持し、スタッフの報酬を十分に賄えるところはほとんどないといってよいだろう。企業や財団の基金に頼る日本のNGOの活動費は潤沢ではなく、支援がとぎれると、スタッフは無給になることもありえる。
 NGOで働く人たちは、そうした不安定な“職”を、なぜあえて選んだのか? その情熱の源になったのは何か? その疑問をFoE Japanのスタッフから解き明かしたい。

波多江秀枝(開発金融と環境プログラム スタッフ)
野口栄一郎(シベリアタイガ・プロジェクト ディレクター)

FoE Japanの登録情報を見る
里山再生プロジェクト
FoE Japanのサポーター募集!
森林プログラム インターン
極東ロシア ビキン川流域タイガに暮すウデゲ人と過ごす8日間


海外出張が多いため、スタッフを全員の写真を撮ることは難しい。

次へ

Copyright(C) 2003 COOL Inc. All rights reserved .